東京のマンスリーマンションは短期長期滞在どちらにも最適!

部屋とチェスト

受験なら親子で入居できる東京のマンスリーマンション

遠方からお受験のため東京でしばらく生活する必要がある場合は、マンスリーマンションを利用すると便利です。東京に親戚や友達がいて、お受験期間が終わるまで滞在させてもらえればいいですが、複数校受験で長期に渡る場合は、そういうわけにもいかないでしょう。保護者の方も面接などがありますし、お子さんの身の周りの世話のため、一緒に東京に移動してマンスリーマンションで暮らすのが妥当でしょう。
東京のマンスリーマンションで、親子で入居可能な物件については不動産業者へ相談して、ほどほどの利用料のところをいくつか紹介してもらうといいでしょう。どの物件を選んでも、基本的な家電製品や家具類はそろっているため、お受験関連の書類、参考書や着替え、身の回りの品以外には、特に持参する必要はないはずです。備品の詳細を知りたい場合は、管理している不動産業者に確認すれば、教えてもらえるはずです。お受験の期間中は、緊張で保護者の方もお子さんもともに心身が疲弊しがちです。
お受験先にアクセスのいいマンスリーマンションを利用することで、満員電車に揺られてストレスを増加させることもなく、空いた時間は休息と気分転換に当てることが可能になるでしょう。

社員の福祉のために東京のマンスリーマンションを有効活用しよう

ワークライフバランスという言葉は、わが国でもすっかり定着した感があります。働き過ぎによる従業員の心身の疲弊が社会問題化する中、働きやすい職場作りは、どんな会社にとっても喫緊の課題です。従業員の福祉に貢献する職場環境改善策の一環として、職場に近いところにあるマンスリーマンションと長期契約を結んで、社員の住宅として提供してみてはいかがでしょう。具体的なプラン作りにあたっては、不動産業者へ相談して、協力的な姿勢の業者を選びましょう。
この方策のメリットは二つあります。一つには、スタッフが東京の高額な家賃をフルに負担しなくて済むことです。マンスリーマンションの利用にあたり、スタッフにどの程度の自己負担を求めるかは検討の余地があります。その点は、東京のシングル向け賃貸の平均的な家賃と比較して、それよりも安くなるように調節する必要があるでしょう。
もう一つは、通勤ストレスからスタッフを開放することです。東京都内の住居費が高額なので、近郊の他県から通勤する人は多いです。しかし、毎日の長時間の通勤がスタッフの心身に与えるストレスは計り知れません。会社近くのマンスリーマンションを住宅として提供し通勤不要とすることで、スタッフが抱えているストレスをかなり軽減することが出来るはずです。

ホテル代わりに東京のマンスリーマンションに滞在してみよう

長期出張で東京に1か月以上滞在する予定があり、宿泊場所を自分で自由に選べるのであれば、ホテルの代わりにマンスリーマンションを使ってみてはいかがでしょうか。ホテルは、旅行客向けの宿泊施設、マンスリーマンションは、短期滞在者対象とは言え暮らすための物件です。1か月程度、東京のマンスリーマンションで生活してみれば、ホテルに比べて格段に過ごしやすいことが分かるはずです。
マンスリーマンションは、家具や家電製品、日用品が、全て部屋に備え付けてあります。食事は自炊派という人であれば、キッチンを自由に使えるマンスリーマンションのメリットは非常に重要でしょう。ホテルでも自炊が出来る部屋はありますが、大抵の場合、部屋代が高くなります。また、マンスリーマンションの間取りだと、ホテルのシングルルームに比べて、部屋をずっと広く自由に使える点も、ホテル滞在よりもリラックスできる大きな理由の一つです。
ただし、マンスリーマンションのインテリアが好みでない場合、東京滞在が少々残念なものになるかもしれません。自分で好き勝手にインテリアを変えることが出来ないからです。どうしても好みのインテリアの部屋を借りたい場合は、不動産業者へ相談して、最初から好みに合う部屋に入居する方がいいでしょう。